コアウェブバイタル 計測完全ガイド:ウェブパフォーマンスの見える化

コアウェブバイタル 計測完全ガイド:ウェブパフォーマンスの見える化

目次

コアウェブバイタル 計測完全ガイド:ウェブパフォーマンスの見える化

現代のデジタル時代において、ウェブサイトのパフォーマンスは単なる速度の問題ではなく、ユーザー体験と直接結びついています。Googleが提唱する「コアウェブバイタル」というフレームワークは、サイトのパフォーマンスを測るための重要な指標を提供しており、これによりウェブサイト運営者はユーザーがサイトとどのようにインタラクションするかを深く理解できるようになります。

コアウェブバイタルには、Largest Contentful Paint (LCP)、First Input Delay (FID)、Cumulative Layout Shift (CLS) といった指標が含まれており、これらはそれぞれページのロード速度、インタラクティビティ、視覚的安定性を評価します。これらの指標を最適化することは、優れたユーザー体験を提供し、検索エンジンランキングを改善するために不可欠です。

この記事では、コアウェブバイタルの各指標を詳しく解説し、それらをどのように計測し、解析し、最終的には改善するかについて実用的なガイドを提供します。また、実際のケーススタディを通じて、これらの改善がどのようにウェブサイトのパフォーマンスとビジネス成果に影響を与えるかを探ります。最適なユーザー体験を提供するための旅にあなたを導くことが、この記事の目的です。

Table of Contents

コアウェブバイタルとは?

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)は、Googleが提供するウェブページのユーザー体験を測定するための指標セットです。これらは、ウェブサイトがどれだけ速く、応答性が高く、視覚的に安定しているかを評価するための重要なメトリックを提供します。Googleはこれらの指標を使用して、検索ランキングの一部としてウェブサイトのパフォーマンスを評価します。

併せて読みたい → コアウェブバイタルとは

コアウェブバイタルの主要指標

コアウェブバイタルは、ユーザー体験の質を評価するためのGoogleが提供する指標セットです。このセットには、ウェブサイトのロードパフォーマンス、インタラクティビティ、視覚的安定性を測定する三つの主要指標が含まれています。

1. Largest Contentful Paint (LCP)

  • 定義と重要性: LCPはページが読み込まれてから最大のコンテンツ(画像やテキストブロックなど)が画面上で完全に表示されるまでの時間を測定します。これは、ページのロード速度がユーザーに与える初印象を示す重要な指標です。速いLCPは、ユーザーがサイトにポジティブな反応を示す可能性を高めます。
  • 目標: 良いユーザー体験を提供するためには、LCPは2.5秒以下であることが推奨されます。

2. First Input Delay (FID)

  • 定義と重要性: FIDは、ユーザーがページに最初のインタラクション(例えばクリックやタップ)を試みてから、ブラウザがそのインタラクションに応答するまでの遅延を測定します。この指標は、ページの応答性を評価し、インタラクティブなコンテンツに対するユーザーの体験を反映します。
  • 目標: インタラクティブなサイトでは、FIDが100ミリ秒以下であることが理想的です。

3. Cumulative Layout Shift (CLS)

  • 定義と重要性: CLSは、ページの読み込み中に発生する視覚コンテンツの予期せずな動き(レイアウトシフト)を測定します。コンテンツの動きが多いと、ユーザーが誤ってクリックしたり、コンテンツを読むのが困難になるなど、フラストレーションを引き起こす原因となります。
  • 目標: 視覚的安定性を確保するためには、CLSスコアは0.1以下が望まれます。

これらの指標は、ウェブサイトがどれだけ速く、反応が良く、視覚的に安定しているかを示すものであり、これらを最適化することでユーザー体験が大きく改善される可能性があります。また、これらの改善は直接的にSEOのパフォーマンス向上にも寄与します。サイト運営者は、これらの指標に注目し、継続的な改善を行うことが推奨されます。

コアウェブバイタル計測の重要性

コアウェブバイタルの計測は、ウェブサイトのパフォーマンスとユーザー体験の質を理解し、改善するために不可欠です。この計測は、ウェブサイトが提供する体験の改善を促すだけでなく、SEOランキングを向上させる上でも重要な役割を果たします。

ユーザー体験の向上

  • パフォーマンスの可視化: コアウェブバイタルを計測することで、サイトのロード時間、インタラクティビティ、視覚的安定性が具体的にどのような状態にあるのかを明確に把握できます。これにより、ユーザーが直面している問題を特定し、それに対処する具体的な方針を立てることが可能になります。
  • 改善点の特定: 各指標の計測結果を基に、改善が必要な領域を特定できます。例えば、LCPが遅い場合は画像最適化やサーバー応答時間の改善が求められるでしょう。このように、計測を通じてパフォーマンスのボトルネックを明確にし、効果的な最適化を行うことができます。

SEOの強化

  • 検索ランキングの向上: Googleはユーザー体験を重視するアルゴリズムを採用しており、コアウェブバイタルのスコアが高いサイトは検索ランキングでも優遇されます。良好なコアウェブバイタルのスコアは、競合他サイトとの差別化を図り、より多くのトラフィックを獲得する助けとなります。
  • 信頼性の構築: 高速で応答性に優れたサイトは、ユーザーからの信頼を得やすく、その結果、リピート訪問やサイトへのエンゲージメント向上に繋がります。これは、長期的なSEO成功への基盤を固めることにも寄与します。

競争優位性の獲得

  • ユーザー満足度の向上: ページのパフォーマンスを最適化することで、ユーザーの満足度を高めることができます。満足度が高いサイトは、口コミやソーシャルメディアを通じた自然な推薦が見込め、新規ユーザーの獲得につながります。

コアウェブバイタルの計測とそのデータに基づいた最適化は、ユーザー体験を根本から改善し、サイトのオーソリティと競争力を高めるために不可欠です。これにより、ウェブサイトは持続的な成長と成功を目指すことができるでしょう。

コアウェブバイタルの計測ツール

コアウェブバイタルの指標を正確に測定し、ウェブサイトのパフォーマンスを改善するためには、適切なツールの使用が必要です。以下は、コアウェブバイタルの計測に役立つ主要なツールの概要です。

1. Google PageSpeed Insights

  • 概要: Googleが提供するこのツールは、ウェブページを分析し、パフォーマンススコアを提供します。LCP、FID、CLSを含むコアウェブバイタルのスコアを具体的に表示し、パフォーマンスを向上させるための推奨事項も提示します。
  • 利点: 初心者にも扱いやすく、具体的な改善提案が得られるため、即効性のある最適化が可能です。

2. Google Search Console

  • 概要: Search Consoleの「ウェブに関する主な指標」レポートでは、サイト全体のコアウェブバイタルのパフォーマンスが追跡できます。問題があるページを特定し、それらのページの改善に着手するためのデータを提供します。
  • 利点: サイト全体の健全性を一望でき、SEOと直接関連するデータに基づいて行動を起こせます。

3. Lighthouse

  • 概要: Chromeの開発者ツールに統合されているこのオープンソースツールは、パフォーマンス、アクセシビリティ、プログレッシブウェブアプリの評価など、多岐にわたる分析を提供します。コアウェブバイタルに加えて、その他の技術的な指標も測定できます。
  • 利点: 高度な技術的分析が可能で、開発者に詳細な洞察を提供します。

4. Chrome UX Report

  • 概要: Googleが提供するこのツールは、実際のユーザーの体験データに基づいてコアウェブバイタルのスコアを提供します。BigQueryを通じてアクセスし、広範なデータセットを活用して詳細な分析が行えます。
  • 利点: 実際のユーザー体験に基づくデータを得ることができ、より現実的なパフォーマンス評価が可能です。

5. Web Vitals Chrome Extension

  • 概要:のChrome拡張機能は、ブラウジング中にリアルタイムでコアウェブバイタルのスコアを監視することができます。手軽に日常的なサイトのパフォーマンスをチェックするのに適しています。
  • 利点: シンプルで直感的なインターフェースを持ち、継続的なモニタリングに最適です。

これらのツールを活用することで、コアウェブバイタルの各指標を正確に測定し、それに基づいた改善策を効果的に実施することができます。パフォーマンスの向上を図ることは、ユーザー体験の質を高め、SEOの強化にもつながります。

実践的な計測方法

コアウェブバイタルの計測は、ウェブサイトのパフォーマンスを客観的に評価し、必要な最適化を行うための第一歩です。以下は、実践的なコアウェブバイタル計測方法を詳細に説明します。

1. Google PageSpeed Insightsを使用する

  • 手順:
    1. Google PageSpeed Insightsのウェブサイトにアクセスします。
    2. 分析したいウェブページのURLを入力し、「分析」ボタンをクリックします。
    3. レポートが生成されるのを待ちます。
    4. レポートからLCP、FID、CLSのスコアを確認し、提供された改善提案をメモします。
  • 目的: このツールは、コアウェブバイタルのスコアを迅速に提供し、改善のための具体的なアクションアイテムを提示します。

2. Chrome DevToolsでのパフォーマンスタブを利用する

  • 手順:
    1. Chromeブラウザで目的のページを開きます。
    2. 右クリックして「検証」を選び、開発者ツールを開きます。
    3. 「パフォーマンス」タブを選択し、「記録を開始」ボタンをクリックしてページのロードとインタラクションを記録します。
    4. 記録を停止し、タイムラインからLCP、CLSのデータを分析します。
  • 目的: Chrome DevToolsはリアルタイムでのウェブサイトのパフォーマンス分析を提供し、特に視覚的な安定性とロードパフォーマンスの問題を詳細に診断できます。

3. Field Dataを集めるためのChrome UX Reportを利用する

  • 手順:
    1. Google Cloud PlatformでBigQueryを開きます。
    2. Chrome UX Reportのデータセットにクエリを実行して、特定のURLのユーザー体験データを取得します。
    3. 取得したデータを分析して、実際のユーザーが経験しているパフォーマンスを理解します。
  • 目的: 実際のユーザーによるデータを使用してコアウェブバイタルを計測することで、より実用的で正確なパフォーマンスの洞察を得ることができます。

これらの計測方法を通じて、ウェブサイトのパフォーマンスを定量的に評価し、必要に応じて具体的な最適化措置を講じることが可能となります。実践的な計測は、単なる数字を超えて、ユーザー体験の質を向上させ、SEOの効果を最大化するための重要なステップです。

計測データの解釈と分析

コアウェブバイタルの計測データを収集した後、そのデータを正確に解釈し分析することが重要です。これにより、ウェブサイトのパフォーマンスに関する洞察を得て、具体的な改善策を計画することができます。

データの解釈

  1. LCP (Largest Contentful Paint):
    • LCPの値が2.5秒以下であれば「良好」と見なされます。この範囲に収まっている場合、ページのローディングパフォーマンスはユーザーにとって満足のいくレベルです。2.5秒を超えると、ページの読み込みが遅いと感じるユーザーが増え、最適化が必要です。
  2. FID (First Input Delay):
    • FIDが100ミリ秒以下ならば、ページの応答性は「良好」と評価されます。この値よりも高い場合、インタラクティブなエレメントへの応答が遅れていることを示し、JavaScriptの最適化が求められます。
  3. CLS (Cumulative Layout Shift):
    • CLSスコアが0.1以下であれば「良好」です。これを超える場合は、ページ要素の予期しない動きが多いことを意味し、ユーザーの操作を妨げている可能性があるため、レイアウトの安定性を改善する必要があります。

データの分析

  • トレンドの特定: データからトレンドを読み取り、パフォーマンスが時間と共に改善または悪化しているかを識別します。例えば、リリース後にLCPが増加した場合、最近の変更がページのロード時間に悪影響を与えている可能性があります。
  • 問題領域の特定: 特定のページやページタイプでパフォーマンスが低下している場合、それらの共通点を分析します。例えば、画像が多用されているページでLCPが高くなっている場合、画像の最適化が必要かもしれません。
  • ユーザーの体験との関連付け: パフォーマンスの指標とユーザー行動データ(例えば、バウンス率、ページ滞在時間)とを関連付けます。これにより、パフォーマンスの問題がユーザー体験にどのように影響しているかの具体的な理解が深まります。
  • 改善策の優先順位付け: 限られたリソースの中で最も効果的な改善を行うために、問題の重大性と改善の容易さを考慮して優先順位を設定します。

計測データの解釈と分析により、ウェブサイトの問題点を明確にし、実行可能な改善策を立案することができます。これは、サイト全体のパフォーマンスを向上させ、最終的にはより良いユーザー体験とSEOの向上に寄与します。

コアウェブバイタルの改善戦略

コアウェブバイタルの改善は、ウェブサイトのユーザー体験とSEOパフォーマンスを向上させるために重要です。ここでは、各コアウェブバイタル指標を効果的に改善するための戦略を紹介します。

1. Largest Contentful Paint (LCP) の改善

  • リソースの最適化: 画像、ビデオ、フォントなどの大きなファイルはロード時間に大きく影響します。これらのリソースを適切に最適化することで、LCPを改善できます。画像は圧縮し、モダンなフォーマット(例:WebP)を使用し、必要なサイズにリサイズします。
  • クリティカルなCSSの抽出: レンダリングをブロックするCSSを減らし、ページの可視部分に必要なスタイルのみをインラインで含めることで、レンダリング時間を短縮します。
  • サーバー応答時間の短縮: 高速なサーバー応答はLCPを改善します。キャッシュの利用を最適化し、サーバーの設定を調整することで応答速度を高めます。

2. First Input Delay (FID) の改善

  • JavaScriptの最適化: ページのロードを妨げるJavaScriptの量を減らします。スクリプトの遅延読み込みや非同期読み込みを活用し、必要なスクリプトのみが最初にロードされるようにします。
  • コード分割: JavaScript バンドルのサイズが大きい場合は、コード分割を実施し、ユーザーが実際に必要とする機能だけを初回ロード時に提供します。
  • Web Workers の利用: メインスレッドから計算をオフロードして、UIのスレッドをブロックすることなくデータ処理を行います。

3. Cumulative Layout Shift (CLS) の改善

  • 画像と広告のサイズ指定: 画像、動画、広告などのコンテンツで事前に幅と高さを指定することで、コンテンツの読み込み時のレイアウトシフトを防ぎます。
  • フォントの表示変更の防止: フォントの読み込みが原因でレイアウトが変更されるのを防ぐために、font-display スタイルを適切に設定します。
  • 動的要素の安定化: ページに動的にコンテンツを追加する場合は、その影響を事前に評価し、レイアウトのシフトを最小限に抑えます。

これらの戦略を適切に実装することで、コアウェブバイタルのスコアを効果的に改善し、結果としてユーザー体験とウェブサイトのSEOパフォーマンスを向上させることができます。持続的なモニタリングと改善を行うことが、最終的な成功につながります。

ケーススタディ:コアウェブバイタルの改善効果

コアウェブバイタルの改善がどのようにビジネス成果に直結するかを示す具体的な例を以下に紹介します。

  1. Tencent Video:
    • コアウェブバイタルの基準を満たすことで、動画のクリックスルーレート(CTR)が70%向上しました。
  2. Cdiscount:
    • コアウェブバイタルの3つの指標すべてを改善した結果、Black Fridayのセールで収益が6%増加しました。
  3. Wix:
    • コアウェブバイタルを満たすことで、モバイルからのアクセスが前年比で250%に増加しました。
  4. Nykaa:
    • Largest Contentful Paint (LCP) を40%改善することで、T2/T3の都市からのオーガニックトラフィックが28%増加しました。
  5. NIKKEI STYLE:
    • LCPを18%改善したことで、セッションあたりのページビューが9%増加しました。
  6. NDTV:
    • LCPを半減させることで直帰率が50%改善しました。
  7. Agrofy Market:
    • LCPを70%改善することで、読み込み中の離脱を76%削減しました。
  8. Flipkart:
    • コアウェブバイタルの指標を改善することで、直帰率を2.6%削減しました。
  9. Ameba Manga:
    • Cumulative Layout Shift (CLS) スコアを10分の1に改善することで、読まれたコミックの数が2-3倍に増加しました。
  10. Yahoo! Japan:
    • パフォーマンスの低いページのCLSを修正して98%削減することで、セッションあたりのページビューが15%増加しました。
  11. AliExpress:
    • CLSを10分の1に、LCPを半分に改善することで、直帰率が15%減少しました。

これらの例は、ウェブサイトのユーザビリティが改善されると、CTR、収益、アクセス、オーガニックトラフィック、ページビュー、直帰率などのビジネス指標に明確なポジティブな影響を与えることを示しています。各企業がコアウェブバイタルの改善に注力することで、実際のユーザーエクスペリエンスが向上し、それが直接的なビジネスの成果につながっています。

モバイルとデスクトップでの計測の違い

コアウェブバイタルを測定する際には、モバイルとデスクトップではユーザー体験が異なるため、それぞれのデバイスでの計測結果にも違いが出ることがあります。これらの違いを理解することは、ウェブサイトを最適化する上で重要です。

ユーザー行動の違い

  • モバイル: モバイルユーザーは通常、移動中や素早い情報検索を行うことが多いため、ページのロード速度やタップしやすさが特に重要です。小さい画面サイズに最適化されたコンテンツが求められます。
  • デスクトップ: デスクトップユーザーはより長いセッションを過ごす傾向にあり、詳細な情報や複雑なタスクを行うことが一般的です。より大きな画面と強力なプロセッシング能力を生かしたリッチなインタラクティブ要素が求められる場合があります。

ネットワークと処理能力

  • モバイル: モバイルデバイスはしばしば不安定なネットワーク環境にあるため、接続速度が遅くなることがあります。また、処理能力もデスクトップに比べて限られているため、効率的なコードと軽量なページが求められます。
  • デスクトップ: 高速な有線接続と高い処理能力を活かし、よりリッチなメディアと複雑なスクリプトを利用することが可能です。しかし、これによってページのロード時間が長くなる場合は、パフォーマンスへの影響を慎重に評価する必要があります。

パフォーマンス指標の重要性

  • モバイル: モバイルでのLCPやFIDの測定は、タッチ操作によるインタラクションや小さな画面でのコンテンツ表示速度が重視されるため、特に重要です。モバイルファーストのアプローチが推奨される理由もここにあります。
  • デスクトップ: CLSやLCPは、大きなレイアウトや高解像度の画像を含むページで特に注意が必要です。デスクトップでは、ページの視覚的安定性と大容量コンテンツのロード速度がクリティカルになります。

測定ツールの使用

  • モバイル: Google PageSpeed Insights、Lighthouse、Chrome DevToolsなどのツールを使用してモバイルビューでのパフォーマンスを測定します。これにより、モバイルデバイスに最適化されたパフォーマンスデータを得ることができます。
  • デスクトップ: 同じツールを使用してデスクトップビューのパフォーマンスを測定し、より高いリソースを必要とする要素の影響を評価します。

モバイルとデスクトップの両方での計測結果を比較することで、デバイスに特化した改善策を定めることができます。これにより、ユーザーが使用するデバイスに関わらず最良の体験を提供することが可能になります。さらに、それぞれのデバイスの特性を理解し、その上でパフォーマンスを最適化することは、サイト全体のユーザビリティを向上させる上で不可欠です。

最新のトレンドとアップデート

コアウェブバイタルの分野では、常に新しいトレンドとアップデートが行われています。これにより、ウェブサイトのパフォーマンスを改善し、ユーザー体験を最適化するための方法が進化しています。以下は、最近の重要なトレンドとアップデートです。

Googleのアルゴリズム更新

  • Googleはコアウェブバイタルを検索ランキングの重要な要素として組み込み、その基準を定期的に更新しています。最新のアップデートでは、モバイルファーストインデキシングが完全に実装され、モバイルでのユーザー体験がさらに重視されています。

新指標の導入

  • Googleは新しいパフォーマンス指標を導入することがあります。例えば、以前のFIDに代わる新しいインタラクティビティ指標として、Interaction to Next Paint (INP)が提案されています。INPは、ユーザーインタラクションに対する応答性をより正確に測定するために開発されました。

ツールの改善と新機能

  • コアウェブバイタルの計測ツールも進化しており、Google PageSpeed InsightsやLighthouseはより詳細な分析機能と改善提案を提供するようになっています。これにより、ウェブ開発者はより具体的なフィードバックを元に最適化を進めることができます。

プライバシーとパフォーマンスのバランス

  • ユーザープライバシーの保護は、ウェブ開発においてますます重要なテーマとなっています。新しいプライバシー規制に対応するため、トラッキング技術やサードパーティクッキーの使用に依存しない新しい計測方法が開発されています。

これらのトレンドとアップデートに適応することは、ウェブサイトが競争力を保ち、ユーザーに優れたオンライン体験を提供し続けるために不可欠です。ウェブ開発者やサイト運営者は、最新の情報を常にチェックし、適切な改善を行うことが推奨されます。

よくある質問(FAQ):コアウェブバイタルについて

コアウェブバイタルに関するよくある質問とその回答をまとめました。これらは、ウェブサイト運営者や開発者がよく遭遇する疑問や問題に対する解決策を提供します。

1. コアウェブバイタルとは何ですか?

  • 回答: コアウェブバイタルは、ウェブページのユーザー体験の質を測定するためのGoogleが定義した一連の指標です。主に、ページの読み込み速度(LCP)、インタラクティビティ(FIDまたはINP)、視覚的安定性(CLS)を評価します。

2. LCP、FID、CLSの理想的な値は何ですか?

  • 回答: LCPは2.5秒以下、FIDは100ミリ秒以下、CLSは0.1以下が理想的です。これらの値を達成することで、ユーザーに優れた体験を提供できます。

3. モバイルとデスクトップでコアウェブバイタルのスコアが異なるのはなぜですか?

  • 回答: モバイルデバイスは通常、処理能力やネットワーク速度がデスクトップに比べて制限されているため、パフォーマンスが異なることがあります。また、モバイルでは画面サイズやタッチ操作の違いが影響することもあります。

4. コアウェブバイタルの改善でSEOにどのような影響がありますか?

  • 回答: コアウェブバイタルのスコアを改善すると、Googleのランキング要因として評価され、SEOパフォーマンスが向上します。特にユーザー体験が重視される検索結果において、より高い位置にランクされる可能性が高まります。

5. コアウェブバイタルの計測に最適なツールは何ですか?

  • 回答: Google PageSpeed Insights、Lighthouse、Chrome DevTools、Google Search Consoleなどが有効です。これらのツールは、異なる側面からパフォーマンスを分析し、具体的な改善提案を提供します。

6. CLSを改善するための主要なアプローチは何ですか?

  • 回答: CLSを改善するためには、画像や広告などのメディア要素に固定のサイズを指定すること、フォントの読み込みの最適化、動的に生成されるコンテンツのレイアウトシフトを最小化することが重要です。

7. コアウェブバイタルの改善がユーザー体験に与える具体的な利益は何ですか?

  • 回答: ページのロード速度が速くなり、インタラクションに対する応答が改善され、ページの視覚的な安定性が向上します。これにより、ユーザーの満足度が高まり、サイトへのエンゲージメントとコンバージョン率が向上します。

これらのFAQは、コアウェブバイタルに関する基本的な理解を深め、具体的な問題解決に役立つ情報を提供します。サイトのパフォーマンス改善に取り組む際に、これらの情報が有用なガイドとなるでしょう。

次のステップ:コアウェブバイタルの改善

コアウェブバイタルの計測と分析を行った後、得られたデータを基にして具体的な改善策を実施することが重要です。これにより、ウェブサイトのパフォーマンスを最適化し、ユーザー体験を向上させることができます。以下は、コアウェブバイタルの改善に向けた次のステップです。

1. 改善プランの作成

  • 分析したデータを基に、具体的な改善プランを立てます。LCP、FID、CLSそれぞれの指標に対する改善目標を設定し、それを達成するためのアクションアイテムを明確にします。

2. リソースの最適化

  • 画像、動画、CSS、JavaScriptなど、ページのロードに影響を与えるリソースの最適化を行います。不要なリソースを削除し、必要なリソースは圧縮してサイズを最小化します。

3. レンダリングパスの最適化

  • クリティカルレンダリングパスを分析し、ブロッキングリソースの影響を最小限に抑える方法を探します。例えば、クリティカルなCSSをインライン化する、JavaScriptの非同期または遅延ロードを活用するなどが挙げられます。

4. ユーザビリティの向上

  • ユーザーインターフェースとユーザーエクスペリエンスの改善を図ります。具体的には、タッチターゲットのサイズを適切に設定し、ナビゲーションを簡素化し、ユーザーの期待に応えるデザインを実装します。

5. パフォーマンスの継続的な監視

  • 改善策を実施した後も、コアウェブバイタルのパフォーマンスを定期的に監視し、必要に応じて追加の最適化を行います。Google PageSpeed InsightsやLighthouseなどのツールを活用して、改善の効果を評価します。

6. モバイルファーストのアプローチの採用

  • モバイルデバイスでのパフォーマンスを特に重視し、モバイルファーストの設計哲学に基づいてサイトを最適化します。これにより、モバイルユーザーの増加に対応し、Googleのモバイルファーストインデキシングに適合させます。

コアウェブバイタルの改善は一回限りの作業ではなく、ウェブサイトのライフサイクルにおいて継続的に取り組むべきプロセスです。定期的な評価と改善を通じて、ユーザー体験を向上させ、SEOのパフォーマンスを最大化することが目標となります。これらのステップを踏むことで、より速く、使いやすく、安定したウェブサイトを提供し、訪問者の満足度を高めることができるでしょう。

「コアウェブバイタル 計測完全ガイド:ウェブパフォーマンスの見える化」への2件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お買い物カゴ