デジタルトランスフォーメーションとは わかりやすくするために まず気を付ける4つのやるべきこと、やってはいけないこと

デジタルトランスフォーメーションとは わかりやすくするために まず気を付ける4つのやるべきこと、やってはいけないこと デジタルトランスフォーメーションを進めるにあたり、わかりやすく取り込むためにまず以下のヒントを念頭に置いて、焦点を絞り、よくある落とし穴を回避しする一つの参考にしましょう。デジタルトランスフォーメーションは決して簡単ではありませんが、避けて通れないものです - 特に、ポストコロナの労働力に近づくにつれ、その傾向は強くなります。先に戦略を立て、データと分析に投資して意思決定に役立てることで、より少ない混乱で変革を実行することが可能になります。 以下の「すべきこと」と「すべきでないこと」は、組織が近代化を進める際に陥りがちな落とし穴を回避するのに役立ちます。 1.やるべきこと その1:セキュリティに注意する リモートワークへの移行は、組織をサイバー攻撃の危険にさらす可能性があります。サイバー犯罪に対抗するために必要なハードウェアとソフトウェアを従業員に提供する準備ができていなかった組織は、セキュリティに隙間ができてしまいます。現在、IT部門は、従業員が何をダウンロードし、どのようなリンクをクリックするかについて、あまり監視することができません。2022年に向けては、高いレベルのセキュリティを再確立することが優先されるでしょう。 パンデミックのピーク時に、リモートワーク技術(無線プリンター、iPad、ルーターなど)をIT部門が審査した従業員は何パーセントでしたか? 特に大企業では、デジタルトランスフォーメーションの一環として、セキュリティ計画を強化することが必要不可欠です。遠隔地にいるチームにはどのように適切な機器を持たせるかを考え、現在の従業員には新しい仕事の現実に適したITガイドラインを再教育することを検討してください。 [デジタル変革の進捗はいかがですか?デジタル変革の進捗状況はいかがでしょうか。デジタルトランスフォーメーションの勢いを維持するために [...]