Blog2021-12-08T15:16:27+09:00

イージーCRM&プロジェクトマネージャーを始めました!

By |5月 9th, 2022|Categories: 未分類|

イージーCRM&プロジェクトマネージャーを始めました! イージーCRM&プロジェクトマネージャー CRM&プロジェクトマネージャーを始めました! 概要はこちらをご覧ください!

By |2月 4th, 2022|Categories: Linode, Nginx, ワードプレス|Tags: , , |

Linodeでnginxを使用してubuntu20.04にワードプレスinstall Linodeでnginxを使用してubuntu20.04にワードプレスinstall Nginxとは Nginxは強力な負荷分散、リバースプロキシ、およびキャッシュ機能を備えたオープンソースのWebサーバーです。当初は、既存のWebサーバのスケーリングと同時実行の問題を解決するために設計されましたが そのイベントベースの非同期アーキテクチャにより、今日利用できるWebサーバの中で最も人気のある、最もパフォーマンスの高いWebサーバーの1つになっています。ですので安価なプラン提供すうるLinodeのなかからUbuntuを選び、それに載せるWordpressとの組み合わせは良い関係を補ってくれるでしょう。 構成上の留意 NGINX Webサーバーの使用が拡大するにつれて、NGINX、Incは、Apacheに既に慣れている人々の採用を容易にするために、過去に使用された構成や用語からNGINXを遠ざけるように取り組んできました。 Apacheに精通している場合は、複数のサイト構成(Apacheの用語では仮想ホストと呼ばれます)が/etc/apache/sites-available/に格納されていることをご存知でしょう。これは、/etc/apache/sites-enabled 内のファイルにシンボリックリンクします。ただし、NGINXの多くのガイドやブログ投稿では、これと同じ構成を推奨しています。ご想像のとおり、これにより混乱が生じ、NGINXが../sites-available/および../sites-enabled/ディレクトリとwww-dataユーザーを定期的に使用するという想定が生まれました。そうではありません。 確かにそれはできます。 DebianおよびUbuntuリポジトリのNGINXパッケージは、かなり前から構成をこれに変更しているため、構成ファイルが/sites-available に保存され、/sites-enabled にシンボリックリンクされているサイトを提供することは確かに機能するセットアップです。ただし、これは不要であり、DebianLinuxファミリだけがそれを必要とします。 Apache構成をNGINXに強制する必要はない、とNginxサイトは言っています。 Ubuntu20.04 まずはUbuntuのインストールですがLinodeではプランを選ぶのみとなっています。 https://youtu.be/kjV7lu1X_2I Linodeサーバを構築していく前の基本事項 こちらからご確認ください。 https://96ish.com/linode%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%92%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%92%E6%A7%8B%E7%AF%89%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%8F%E5%9F%BA%E6%9C%AC/ 基本ソフトのインストール Ubuntuのupdate updateをインストールします。 $ sudo apt [...]

Firewalldファイアウォールのインストールと開始-Ubuntu 22.04|20.04|18.04

By |12月 11th, 2021|Categories: Linode, Server, Ubuntu|

Firewalldファイアウォールのインストールと開始-Ubuntu 22.04|20.04|18.04 Firewalldファイアウォールのインストールと開始-Ubuntu 22.04|20.04|18.04 Firewalldファイアウォールのインストールと確認 startとenable 確認 デフォルトのファイアウォールの停止 Firewalldファイアウォールの使用開始 Firewalldファイアウォールのリストとコンフィグ firewalldファイアウォールサービスを立ち上げた際には'ssh' and 'dhcpv6-client'サービス がデフォルトでenabledになっているはずです。 Listのサービスをすべてenableにする。 [...]

グーグルreCAPTCHAv3 キーの取得の仕方(サイトキー、シークレットキー

By |12月 7th, 2021|Categories: グーグル|Tags: , |

グーグル reCAPTCHAv3キーの取得(サイトキー、シークレットキー) グーグルreCAPTCHAのキーの取得を説明します。 グーグルreCAPTCHA管理画面 reCAPTCHAの管理画面へは概要説明ページから 管理画面であれば上真ん中のv3 Admin Consoleコンソール下で管理するのであればGet Started with Enterprise(グーグルreCAPTCHA管理画面で問題ないと思われます)をクリックして遷移。 初期設定 ラベル名:自分が管理する上でわかりやすい名前 reCAPTCHAタイプ:最新の”v3”に設定 オーナー:自分のアドレス(gmail、Gsuite、GoogleWorkSpaceのアドレス) 規約を承認して送信 サイトキーとシークレットキーの表示からキーの取得 キーの表示画面でサイトキーとシークレットキーが表示されているので各キーの左をクレリックしてコピー 補足.GOOGLE reCAPTCHA概念説明動画 https://developers.google.com/recaptcha/

セキュリティキーWordPressソルト(salt)の使い方

By |8月 3rd, 2021|Categories: 未分類|

実際のリンク Wordpressソルト(Salt)の実際のリンクはこちらから セキュリティキーWordpressソルト(salt)とは さて初めて上のリンクをクリックした方には何か間違えたのではと思ってしまうでしょう。これがサイトにアクセスするたびに違う情報が表示されています。では何かというとWordpressサイトを安全に保つための情報でそれを利用して暗号化されております。たとえばパスワードがpasswordだった場合でもソルトのキー情報を元に暗号化、見た目意味の無い・意味不明な文字列に変更してくれます(passwordだと推測して破られるという次元になってしまうので実際に使用する場合は推測されにくいパスワードをご用意ください)。またソルトキーはそれぞれ一意で同じものはないはずなので生成された暗号は他と重なることはありません。ですのでサイトアクセス者、もしくはサイトのデータベース上をハッカーに覗かれたとしても簡単には見破られることはありません。 自サイトでのソルト(salt)からのセキュリティキーを入れる場所 計8個のキーがwp-config.phpの中に入っております。 wordpressソルト(salt)セキュリティキーin wp-conif.php それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。 https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。 と説明されていますので上記URLにアクセスして情報をコピーしてwp-config.phpの上記の箇所に張り付けて置き換えます。

Ubuntuでファイアウォール設定

By |8月 2nd, 2021|Categories: Linode, Ubuntu, ワードプレス|Tags: , , |

Ubuntuでファイアウォール設定 [96ish ~]# apt-get install ufw まずは以下のコマンドを実行して、ufwを有効化してください。 [96ish ~]# ufw enable 以下のコマンドを実行し、一旦すべてのポートを拒否するよう設定します。 [96ish ~]# ufw default deny 以下のコマンドを実行し、SSH(ポート22)を許可するよう設定します。 [96ish ~]# ufw allow 22 補足. 現在のufwの状態を確認する方法 以下のコマンドを実行することで、現在のufwが確認できます。 [96ish [...]

Ubuntuのバージョン確認

By |7月 27th, 2021|Categories: 未分類|

Ubuntuのバージョン確認 Ubuntuのバージョン確認 こちらのコマンドで $ cat /etc/os-release 下記のような内容が返ってくる NAME="Ubuntu" VERSION="21.04 (Hirsute Hippo)" ID=ubuntu ID_LIKE=debian PRETTY_NAME="Ubuntu 21.04" VERSION_ID="21.04" HOME_URL="https://www.ubuntu.com/" SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/" BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/" PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy" VERSION_CODENAME=hirsute UBUNTU_CODENAME=hirsute

Ubuntu 21.04にNode.jsをインストールする方法

By |7月 27th, 2021|Categories: 未分類|Tags: |

Ubuntu 20.04にNode.jsをインストールする方法 はじめに Node.jsは、サーバー側プログラミング用JavaScriptランタイムです。ブラウザベースでウェブ開発を行うことで知名度の高いJavaScriptを使用して、スケーラブルなバックエンド機能の開発を実現します。このガイドでは、Ubuntu 21.04サーバーにNode.jsをインストールする方法を示します。 前提条件 このガイドは、Ubuntu 21.04を使用していることを前提としています。sudo権限を持つroot以外のユーザーアカウントがシステムにセットアップされている必要があります。 Linodeサービスを利用してサーバを構築していく基本事項 Ubuntu 21.04にNode.jsをインストールする方法 Ubuntu 21.04のデフォルトリポジトリには、複数のシステムで一貫したエクスペリエンスを提供するために使用できるNode.jsのバージョンが含まれています。現時点でリポジトリ内のバージョンは12.21.0です。これは最新バージョンではありませんが、安定しており、言語を手早く試すには十分と思われます。 このバージョンを入手するには、aptパッケージマネージャーを使用します。次を入力して、ローカルパッケージインデックスを更新します。 sudo apt update 次に、Node.jsをインストールします。 sudo apt install nodejs バージョン番号のnodeをクエリして、インストールが成功したことを確認します。 nodejs -v Output v12.21.0 [...]

LinodeでNginxをUbuntu20.04にインストール

By |5月 20th, 2021|Categories: Nginx, Ubuntu|

LinodeでNginxをUbuntu20.04にインストール Linodeサーバを構築していく前の基本事項 基本事項はこちらからご確認ください。 UbuntuリポジトリからNginxをインストール Ubuntu20.04のリポジトリにNginxが含まれているので下記のコマンドでインストール sudo apt-get install nginx インストールされたか確認 nginx -v でインストールされたか確認、バージョンが表示されればOK。 Nginxサービス起動 下記のコマンドで起動 sudo systemctl start nginx sudo systemctl enable [...]

Linodeサービスを利用してサーバを構築していく基本事項

By |5月 19th, 2021|Categories: Linode|Tags: , |

Linodeサーバを構築していく前の基本事項 インストールソフトウェアのアップデートLinodeには限りませんがすべて開始する前にインストールのアップデートをしましょう。CentOS8sudo yum updateUbuntu20.04 sudo apt-get update Linode基本事項多くのクラウドサービスが紹介される中、最も安価でパワフルなLinodeの基本設定をメモしておきます ユーザ追加 rootではないユーザを追加してセキュリティを高める。 ユーザ追加adduser 追加したいユーザ名root@localhost:~# adduser 追加したいユーザ名 プロンプトメッセージ Adding user `追加したいユーザ名' ... Adding new group `追加したいユーザ名' (1000) ... Adding new [...]

CentOS 8へApacheをインストールしてウェブサーバーを構築する

By |12月 2nd, 2020|Categories: Basic, Server|

Your Content Goes Here LinuxディストリビューションはCentOSで最新のバージョン8 サーバーにはグローバルIPアドレスが割り当て済み  Apache用ユーザーの追加とパスワードの設定 Apache httpdをインストールする前の事前準備として「Apache httpd」用のユーザーを作成します。 Apache httpdはインストール時に「apache」ユーザーとグループを作成しますが、このユーザーとグループは利用せずに新規で「magento」というユーザーを追加します。 ユーザ名"magento"の作成 CentOSでのユーザー追加は"useradd"コマンドで行います。"-s"オプションを付けることでユーザーが利用できるシェル(bashやcshなどのユーザー用プログラム)を指定しています。 [...]

タイトル

Go to Top