2022年のベストマネージドWordPressホスティング会社 国内2社 海外5社

2022年のベストマネージドWordPressホスティング会社 国内2社 海外5社 2022年のベストマネージドWordPressホスティング会社 国内2社 lolipop lolipopは日本のよくある逐一余分に分けられて機能に辿り着くまでにややこしかったり、使えない、というのはあまりないように見える。海外のものに比べて凄くスピードが速いということはないかもしれないが充分なものである。 Linode(日本、海外拠点選択可能) Linodeは高機能、高性能、低価格を実現しているサービスである。ツールも色々と用意されており簡単に行うことも可能であるがテクニックも必要な部分がある。 2022年のベストマネージドWordPressホスティング会社 海外5社 WPXホスティング WPXホスティング [...]

By |2022-10-25T22:10:32+09:0010月 25th, 2022|ワードプレス|0 コメント

メール自動化ツール11選を比較

メール自動化ツール11選を比較 メール自動化ツール11選を比較 市場で最高のメール自動化ツールをお探しですか?その通りです。 メール自動配信ツールは、メールマーケティングキャンペーンを自動で行うためのソフトウェアソリューションです。 適切なメッセージを適切な顧客に適切なタイミングで送信するための自動化を簡単に設定することができます。 この記事では、今年発売されたお気に入りのメールマーケティング自動化ソフトを比較検討します。 あなたのオンラインビジネスの性質やリストの大小に関わらず、このリストであなたのニーズに合ったものを見つけることができるでしょう。 準備はいいですか?さっそく始めましょう。 ベストなメール自動化ツール - 概要 1位 - [...]

By |2022-10-04T15:51:47+09:0010月 4th, 2022|ワードプレス|0 コメント

ランディングページ WEBサイトの違いは?

ランディングページ WEBサイトの違いは? ランディングページ WEBサイトの違いは? ランディングページとWEBサイトの違いは簡単に説明すると、次のようになります。 ランディングページは、非常に特定の目的のために作られた独立したページですが、ウェブサイトは、あなたのビジネスをオンラインで露出させることを目的としたページのグループです。Webサイトは、ランディングページを含むことができます。 Webサイトのランディングページは、その目的に応じて一時的なもの(例:限定キャンペーン、臨時キャンペーン、コンテスト、各種キャンペーンなど)、永続的なもの(例:ニュースレターの登録フォーム、会員制プランなど)があります。 Webサイトは、あなたの会社や製品、サービスに関するあらゆる情報を得ることができる名刺代わりであり、ランディングページは、すぐに結果を出し、人々に行動を起こさせる役割を担っているのです。 Webサイトでは、基本的に人を自分の家に招待するようなものです。ここで自己紹介をし、手助けをし、コミュニケーションのチャンネルを作り、同じことに関心を持つ仲間との信頼できるネットワークを構築するのです。その中から、多くの人があなたのサービスを評価し、お金を払ってくれる顧客となるのです。 一方、ランディングページは、人脈づくりや長期的なエンゲージメントに重点を置いてはいません。ランディングページの役割は、単にマーケティングのために結果をもたらすことです。 ウェブサイトは時間とともに有機的に成長し、コンテンツに共感した人が再び訪れる可能性が高いのに対し、ランディングページは認知度を高めることはできても、読者との関係を築くことはできないのです。 ランディングページとWebサイト。どちらを選ぶべきでしょうか?この質問に対する答えは、常に "場合による"です。 [...]

By |2022-10-26T09:38:08+09:0010月 3rd, 2022|ワードプレス|0 コメント

WordPressのシェア低下?パフォーマンスの問題、複雑化、フルサイト編集プロジェクトの遅れが市場シェアの減少の原因であるとWordPressコミュニティは主張

WordPressのシェア低下?パフォーマンスの問題、複雑化、フルサイト編集プロジェクトの遅れが市場シェアの減少の原因であるとWordpressコミュニティは主張 WordPressのシェア低下?パフォーマンスの問題、複雑化、フルサイト編集プロジェクトの遅れが市場シェアの減少の原因であるとWordpressコミュニティは主張 WordPressの約19年の歴史の中で初めて、同ソフトウェアの利用統計がシェア低下の兆しを見せています。W3Techsの統計情報を参照したJoost de Valk氏の新しいWordPress市場シェアレポートによると、市場シェア43.3%への目覚しい上昇は2022年3月に一転し、それ以降利用率は徐々に減少しています。 2011年1月以降のCMS利用統計 - 出典: W3Techs 「WordPress の市場シェアは縮小している」と題した投稿で、de Valk 氏はここ数ヶ月の数字を取り上げ、現在では減少していることを決定的に示していましたが、現在は一進一退のようです。 [...]

By |2022-09-29T12:37:41+09:009月 29th, 2022|ワードプレス|0 コメント

Linodeでnginxを使用してubuntu20.04にワードプレスinstall

Linodeでnginxを使用してubuntu20.04にワードプレスinstall Linodeでnginxを使用してubuntu20.04にワードプレスinstall Nginxとは Nginxは強力な負荷分散、リバースプロキシ、およびキャッシュ機能を備えたオープンソースのWebサーバーです。当初は、既存のWebサーバのスケーリングと同時実行の問題を解決するために設計されましたが そのイベントベースの非同期アーキテクチャにより、今日利用できるWebサーバの中で最も人気のある、最もパフォーマンスの高いWebサーバーの1つになっています。ですので安価なプラン提供すうるLinodeのなかからUbuntuを選び、それに載せるWordpressとの組み合わせは良い関係を補ってくれるでしょう。 構成上の留意 NGINX Webサーバーの使用が拡大するにつれて、NGINX、Incは、Apacheに既に慣れている人々の採用を容易にするために、過去に使用された構成や用語からNGINXを遠ざけるように取り組んできました。 Apacheに精通している場合は、複数のサイト構成(Apacheの用語では仮想ホストと呼ばれます)が/etc/apache/sites-available/に格納されていることをご存知でしょう。これは、/etc/apache/sites-enabled 内のファイルにシンボリックリンクします。ただし、NGINXの多くのガイドやブログ投稿では、これと同じ構成を推奨しています。ご想像のとおり、これにより混乱が生じ、NGINXが../sites-available/および../sites-enabled/ディレクトリとwww-dataユーザーを定期的に使用するという想定が生まれました。そうではありません。 確かにそれはできます。 DebianおよびUbuntuリポジトリのNGINXパッケージは、かなり前から構成をこれに変更しているため、構成ファイルが/sites-available に保存され、/sites-enabled [...]

By |2022-07-29T22:45:50+09:002月 4th, 2022|Linode, Nginx, ワードプレス|0 コメント

Ubuntuのターミナル上で最新版WordPressを取得

Ubuntuのターミナル上で最新版Wordpressを取得 Ubuntuのターミナル上で最新版Wordpressを取得   cd /var/www/html->ドキュメントフォルダ *マルチサイトの場合は/home/username/サイト名/htmlなど wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gztar xvf latest-ja.tar.gzchown -R www-data:www-data . LinodeでNginxをUbuntu20.04にインストール [...]

By |2022-07-30T19:38:57+09:008月 2nd, 2021|Linode, ワードプレス|0 コメント

タイトル

Go to Top